HOME>医師を目指すみなさんへインデックス>奨学生募集ご案内
医師・医学生のページ
TOP
実習案内 1日医師体験 奨学生募集 中野共立病院医局から 医局報 ボランティアのページ 企画のお知らせ 各種申込用紙
奨学生募集ご案内
あなたも利用できます!東京民医連奨学生制度

東京民医連奨学生制度のポイント

医学生が利用できる奨学生制度は数々あります。
そのなかでも、私たちの奨学生制度は、あなたの有意義な大学生活を経済的バックアップすることのみにとどまらない、独自の魅力と内容を兼ね備えたものと自負しています。
ぜひ、あなたも東京民医連の奨学生制度を利用して医療に対する視野と情熱を深めてください。
POINT1.医療への熱い思いを共感しあえる!!
奨学生制度の第一の魅力は、「どんな医師になるのか」「医療の現実にどう目をむけるのか」など自分の目指す医師像や医療観をお互いにぶつけあって、“本音”で語り合える仲間ができること、しかも全国の様々な大学に仲間が広がることです。奨学生活動の柱となる奨学生会議は、奨学生自身が運営委員会をつくり、自主的自覚的に企画を運営しています。日頃から考えている自分の意見を表明し、多くの仲間たちや先輩の考えを聞き、話しあいながら「どんな奨学生会議にしていくのか」を決めていくのです。“本音”の語り合いの中で『ひとまわりもふたまわりも成長できる』これが民医連奨学生制度の最大の魅力です。
POINT2.大学では学べないものがここにある!!
医学医療をどう学ぶのか。実際、大学に入っても「授業がつまらない」「生きがいを見つけられない」という話をよく耳にします。まして、大学では知識を与えてくれても、それを社会の中でどういかすかはほとんど教えてくれません。しかし、医療をめぐる現実は問題が山積みしています。「病人が患者になれない実態」「老人医療の切り捨て」などますます進む医療制度改悪の中で、苦しんでいる地域の住民や患者さんの実態があります。学んだ知識をどのように現実の中に返していくのか、仲間と共に考え、話し合い、学ぶことが学生時代に大切なことではないでしょうか。奨学生活動では、大学だけでは知ることのできない地域の第一線で起きる問題を、現場の医師や医療従事者そして奨学生と一緒に考え学ぶ機会がたくさんあります。
POINT3.新しい自分を発見できる!!
医学生ならば「患者さんに信頼される良い医者になりたい」と、誰もが考えることでしょう。患者さんにとって良い医師とはどうあるべきか?これは医師となって現場に立ってからも、つねに問われ続ける難しいテーマです。仲間と出会い、真剣に学ぶなかで知性と感性を磨き、学生時代からこのテーマを考えてみてください。21世紀の医学・医療をになうみなさんが、新しい自分を発見し大きく成長できる、そんな機会を提供し、みなさんの自主的な取り組みをバックアップする。それが民医連の奨学生制度です。

《制度説明》
<奨学生制度のあらまし>
i. 東京民医連の奨学生制度は、「民医連綱領」「総会方針」を学びながら、奨学
生活動に参加しようとする医学生の勉学の要望にこたえ、経済的援助を行うことを目
的としたものです。
ii. 奨学生は、「民医連綱領」「民医連の医療福祉宣言」の主旨にもとづき、国民
の生命と健康を守る医師となるため、医学・医療の勉学に励みます。
iii. 奨学生は、病院実習・及び奨学生ミーティングのなどを通じて、民医連の行っ
ている患者さんの立場にたった医療活動を学び、理解します。
iv. 奨学生の対象は、国内の医学部に在学の方で、この奨学生制度の主旨・目的を
理解した方とします。また、現在ほかの奨学金を受給している方も貸与の対象となり
ます。
v. 支給額は、1〜3年生は最高月額5万円、4年生〜6年生は最高月額6万円としま
す。
<手続きの方法>
i. 申請を希望される方は、東京民医連医学生担当までご連絡下さい。面接のうえ
申請の方法や奨学生制度の詳細などを説明させていただきます。
ii. 申請にあたり、必ず東京民医連に加盟する病院や診療所での実習を行い、民医
連の医療活動を知ったうえでご判断下さい。
iii. 申請書類は、「戸籍謄本」「履歴書」「小論文」の他、「契約書」「申込書」
「返済に関する覚書」「推薦書」が必要となります。また2名の保証人が必要となり
ます。
<その他>
i. 卒業後、東京民医連に入職し、所定の期間在職した場合について奨学金の返済
を免除する規定があります。所定の期間とは、奨学金の受給期間と同期間ですが、最
長でも3年とします。なおこの期間に卒後臨床研修期間(2年間)は含まれません。
ii. 何らかの事情で奨学生を辞退した場合、それまで受け取っていた奨学金を返済
をしていただきます。
iii. 定められた主旨に反する行為、または著しく民医連綱領に反する言動・行為を
行った場合は、奨学金の支給を停止し、支払った奨学金の返済を求めます。
iv. 奨学金の支給決定は、ご本人との面接のうえで行われます。

 

このページのトップへ戻る



健友会

Copyright (C) 2006 NAKANO KYORITSU HOSPITAL. All Rights Reserved.