社会医療法人社団 健友会 中野共立病院中野共立診療所
HOME BACK
ごあいさつ
病院概要
外来のご案内
入院のご案内
人工透析
在宅医療
通所リハビリ
健康診断
事業所一覧
介護事業所一覧
医師研修について
医師を目指すみなさんへ
看護師・看護学生のページ
友の会のご紹介
しんぶん健友
法人概要
求人情報
リンク
  HOME>しんぶん健友目次>しんぶん健友36号
しんぶん健友
第36号(2005年7月1日)

 健友会友の会は6月8日、中野サンプラザで2005年度総会を開きました。2004年度は中野共立病院の建替えに着手し、資金募集活動、仲間づくりの成果が反映した、活発な活動報告が相次ぎ、会場は熱気に満ちていました。参加者は60人でした。

 高津司健友会新理事長、植木こうじ前都議会議員らの来賓挨拶のあと、松永伸一病院長がスライドを使って建替え後の新しい中野共立病院についての詳細な説明と医療活動への展望と夢を語りました。

活動報告も活発に

 藤井事務局長の2004年度活動のまとめの提案にもとずいて、多彩な友の会活動の発言がありました。共立友の会は健康班会を62回のべ725人が参加した経験をはじめ、青空健康チェックなど意欲的なとりくみが報告されました。また野方班では高齢者会館にビデオデッキを購入してもらい、会館側もよろこぶ集まりが持てるようになりました。杉並の桃井診療所友の会は地域ボランティアグループ「荻の会」と合同で懇談会を開いている経験、天沼診療所友の会では食事会の再開と、沼診友の会では歩こう会のとりくみなど、いずれも地域に広がりのある友の会活動がいきいきと報告されました。また川島診療所友の会からは、中野区南台に新しい診療所がほしいという積極的な要望も出されました。

地域と手をつないでの活動も

 地域に共同の輪を広める活動は、「警察大学校跡地に緑と青空の公園をつくる会」の活動、憲法改悪の動きに「九条の会・杉並」「九条の会・中野」が結成され、友の会の会員も大きな役割を果たしました。高齢者運動では事務局団体になり運動の推進役になっていることなどが報告されました。

「地域健康友の会」をめざして

 総会では、小池会長が、2005年度活動方針を提案しました。小泉内閣の悪政のもとで命と暮らしを守り、憲法改悪を許さないたたかいを強め、友の会の会員や地域の期待に応える活動をいっそう前進させ、新病院建設を成功させる。地域に根ざした活動を基礎に名実ともに「地域健康友の会」への発展をめざすことが全会一致で確認されました。新役員が選ばれ閉会しました。


このページのトップへ戻る



社会医療法人社団 健友会

Copyright (C) 2006 NAKANO KYORITSU HOSPITAL. All Rights Reserved.